日本古来より伝わる誇るべき技術、匠の刀剣研磨

高島御刀剣研処工房

初代(先代)刀剣研師 高島龍山師美術刀剣・居合刀・販売・研磨・白鞘・諸拵工作 日本美術刀剣から刃物の事まで、どんな相談も承ります。
神奈川県横浜市に構えた刀剣研磨の専門店です。
伝統的に受け継がれる「基本」に忠実であるよう、その御刀の特徴を重視した研磨を心がけます。美術刀剣・居合刀の研磨だけでなく、販売も行っております。白鞘や拵工作も携わっております。
初代の刀剣研師の高島龍山が昭和45年に創業し、それから高島御刀剣研処工房の始まりです。なるべく刀を減らさず磨き上げるのが基本です。

「日本刀を研ぐ」

日本刀「研き上がった作品をご覧になられた際、一見して肩の凝らぬ感じで見られる、要するに見ていてすがすがしい気持ちになり、ぎこちない感じが少しもなく、見れば見るほどその作品の良さが伝わってくる。地鉄は青みを帯びた潤いを持ち、刃の部分は細雪の降り積もった肌のように白く、刃先が明るく、鎬地はあくまで黒く、地刃の釣り合いが取れている」このような仕上げ研きが良いと言えます。
「日本刀を研ぐ」著者: 永山光幹 出版: 雄山閣
本文: 本阿彌光遜師の言葉より